新倉庫 改装 間接照明

昨日の雨で、外部塗装が出来なかったので、内部の照明工事を行いました。

照明設置・調光器設置し、点灯確認まで進みました。

LED:X-STAR CHANNEL 3S-GL 2700K

調光器:X-DIMMER VOLT

コントローラー:ARD−8D(予定)

 

点灯前写真。H鋼に仕込んでいます。

5本のH鋼 9列に設置してます。

 

点灯後です。

良い雰囲気に仕上がりました。

1日で630枚の取付からシステムまでを終える事ができ、外部に専念出来ると一安心しています。

一安心と言っても、時間は全然ないんですけどね。

新倉庫 改装

ここ2週間程、塗装に邁進しています。

天井面積 約100㎡。の3度塗り。

天井が、折り曲げ亜鉛鉄板なのでローラー仕事ではなく、ハケ仕事なので

手間暇がかかってます。

けれど、ようやく目処がつきました。

苦労した甲斐があり、使用禁止にしたいくらいです。

 

天井から壁や床全部、ケルヒャーにて水洗いしました。

これが、塗装前です。

 

 

床と、造作壁以外は、塗装ほぼ完成です。

あとは、細かいタッチアップが残っていますが、真っ白です。

 

内部残工事は、照明、造作壁、床塗装等ありますが、東京内覧会までにはきっちり仕上げます。

X-STAR CHANNEL 1Sサイン

久しぶりのサイン工事。

何年前かに、X-CHANNEL FLEXを組込したもののリニューアルで

新製品のX-STAR CHANNEL 1Sへの組込ました。

このサインは奥行きが80mm 幅が10mmの狭小サインです。

狭小サインなので、仕込めるLEDはかなり限られます。

そこに適したLEDモジュールが1Sです。

爪を切り落せば、長さ14.5mm 幅6mmと凄いコンパクトな設計です。

写真にある S 文字の高さが140mmです。そこに45mmピッチで7モジュールを取付け。アクリル面板もムラ無く面発光します。

狭小サインに最も適したモジュールでは無いでしょうか。

なかなか面白いアイテムだと思います。

 

3S作り込み

東京では、撤去シーズンに突入して来ました。

撤去工事は、東京技術部の永津氏が担当しています。

夜間作業がメインなので、寒いと思います。風邪を引かなければ良いのですが。

 

そんな中、お昼間にストーブの横でぬくぬくと自分は、制作をしています。

下の写真にあるように、X-STAR CHANNEL 3S のピッチ調整の加工をしています。

3モジュールを1set。それを現場に合せての電線延長。全部長さが違います。

写真を見る感じだと、駅のホームや、道路の車線とか使えそうな感じですね。

 

 

屋外で使用なので、防水収縮端子でのジョイント加工です。

この作業が繊細なんです。ぬくぬくしながらでないと出来ない繊細な作業をしています。

モジュールからの電線が14mm。に対しての圧着作業。予備無し。

その後、ヒートガンで収縮作業。モジュールに高熱を加えると変形。

どれもこれもギリギリな作業なんですね。

それを約250箇所をします。

ぬくぬくでないと、出来ない理由はそこなんです。

作業環境って、大事ですね。

訪中

何年振りでしょうか。

久しぶりに、香港・中国へ行きました。

表敬訪問・新商品・改善等々が目的です。

 

自分はムービングライト・コントローラー・調光基盤等々を扱う会社に行きました。

訪れた企業は、整理整頓が行き届き、生産効率が良い印象を受けました。

整理整頓は、大事な事ですね。

 

膨大な量の点灯・システムテストをしていました。

この制御器は、使える予感が!

 

ムービングライトのデモです。

色んなムービングを視察しました。

ビーム・ウォッシュ・レーザー等々。

 

訪中に行き、いろんな物事を肌で感じる事は、とても新鮮でとても大事な事と再確認しました。

どう仕事に活かしていくかを考えなければ…

サイン工事

サイン工事、久しぶりでした。

蛍光灯から、LEDモジュールへの交換工事は数年前まではかなりの物件数をこなしました。

ここ最近はめっきりと減った感があります。

そんな中、蛍光灯からX-STAR WASHへの交換工事の話しがあり、久しぶりに楽しみな現場でした。

 

交換箇所は、袖サイン・行灯サイン・自立サインと3箇所です。

写真は、袖サインの盤面と蛍光灯器具を撤去した写真です。

 

袖サイン

両面発行なので、両サイドから光を当てます。

長さ1.3M × W0.6Mの袖サインに対し、8灯しました。

 

行灯サインです。

W600 × L450のサイズに、上下で4灯使用しました。

 

点灯写真です。

蓮月サイン

蛍光灯で点灯していた写真は無いですので、比較出来なかったのが残念でした。

間違い無く言えることが、より明るく、より綺麗に、より鮮明になった事です。

 

LEDは、色んな表情に変わりますので、どういうLEDを選定するかは、

ご相談下さい。

ホームイルミネーション

新規案件で湘南平塚のホームイルミネーショの施工を行いました。

デュラライト・LEDストリングス・モチーフ等々を使用してのイルミネーションです。

 

下の写真が、イメージパースです。

とても、賑やかでホームイルミネーションの枠を超越してるなとの印象を持ちました。

 

これが、実際の写真です。

隣の家には、住人がいます。

そして、普通の家です。

 

 

 

デュラライトによるエッジング。

軒下のつらら。

外壁一面のモチーフ。

庭先には、樹木イルミとモチーフ。

イメージパースと遜色ないホームイルミネーションの完成です。

 

ホームイルミネーションの現場としての、久々の大作となりました。

実売している家です。

気に入った方は、是非一度ご覧あれ。

中山競馬場樹木イルミ

今年も中山競馬場のイルミネーションをさせもらいました。

大きく変わった事が、樹木イルミがLEDストリングスでの装飾になったと言うことです。

昨年は、フィラメント球G30での施工でしたので、球割れの怖さがある中での施工でした。

それに、電気工事の配線作業もとんでもない状況でした。

 

 

写真にある樹木が、ヒマラヤ杉です。このサイズ感ご立派です。

 

全点灯しました。

LEDストリングス W &WW 併せて600SET。

ここに約6万球強のLEDを点灯させてます。

これをわずか5日間で仕上げました。

これが出来る職人さんは、悟さんチームだけかと思います。

 

WWバージョン

 

Wバージョン

 

このサイズ感は、実物を是非見て欲しいです。

開催は、毎週土日のみです。

新聞とビール片手に、馬券でも買ったついでに、イルミネーションも楽しんで下さい。

アイスクリームイルミ

魅惑のアイスクリームというテーマのイルミネーションです。

 

イルミネーション点灯前の写真です。

内照として、LEDストリングス

トップに、LEDクリスタルボール

エッジングとして、デュラライト

です。

 

 

点灯です。

カウンターのピンクがイメージ通りな仕上がりに。

LEDストリングス ピンク 1SETでこれだけ染まってます。

 

寒そうな景色の中に、アイスクリームが。

これを見ると食べたくなるかも…

お菓子の家

デュラライト・つらら・ストリングスを用いたお菓子の家の製作です。

製作にかなりの精度が求められた一品です。

 

これが、お菓子の家がプリントされたシートです。

 

裏に墨出しをします。

 

墨出しした理由が、表のクッキーとクッキーの隙間にインシュロックが通るようにです。

 

製作風景です。約2000本を通しました。

 

イルミネーションを取付ける前のお菓子の家です。

 

現場では、下準備したインシュロックにひたすらデュラライトを取付けしていきます。

 

デュラライト・つららの取付け完成です

 

天井・リース・ガーランドにストリングス、マカロンにデュラライト、壁面にモチーフ等々。

完成です。

 

写真でもなかなかパンチのあるお菓子の家となっていますが、現物はもっと輝いています。

デュラライトの良さが出ているイルミネーションとなりました。