海外輸入

中国の国慶節

今年は10月1日から

前後1週間以上 トータル2週間

あるいは もっと長い間 中国の工場は 一斉に休みになります。

クリスマスシーズンの仕込みを迎えるこの時期 弊社にとっては 嫌な休みです。

突然の注文や トラブルの対応ができなくなります。

ある程度 予測して対応するのですが

日本サイドの仕込みも スケジュールが 立て込んで 非常にタイトです。

 

今回も 中国から 8000KG以上の商品を超特急で 輸入する必要が発生しました。

10月の10日に現場納品しなくてはならないのに 中国の工場が再開したのは7日の土曜日でした。

中国では 頼みのDHLは ピックアップお休みとなります。

9日に ピックアップしてもらっても10日に到着を希望したのですが

なんせ大量荷物。

そして 中国では DHL,FEDEXでの集荷量の限度がありました。

日本のDHLには知られていない事情が どんどん勃発。

最悪11日に現場着でもぉ と

日本のカスタマーセンターに 到着日を計算してもらうと

透明の集中工事の影響で 12日になります

 

最悪です。

せめて11日の午前中に到着させなくてはなりません。

 

気を取り直して

 

FEDEXのカスタマーセンターに確認してみたところ

9日ピックアップで 11日午前中に到着できるとのお返事をいただきました。

 

神です。

全ての荷物は 無理ですが

とりあえずの200KG分FEDEX プライオリティで 発送してもらいました。

 

TRACKING NOを教えてもらい

検索すると

 

貨物の例外?1?!

 

ありえません。

 

 

試練は続きます。

 

電話で確認したところ

6小口の荷物のうち 幾つかが 関空に到着してしまい、

関空から 成田へ飛ばす手続き中とのこと。

 

明日の午前中までに間に合わない恐れが出た場合は 連絡をいただくことになりました。

 

お願いだから 電話かけてこないでねえ。

 

 

PS

先ほど カスタマーサービスに連絡しました。

通常なら 同じコンテナに搭載するはずの荷物が  国慶節後の影響で搭載できず

本日10日の午前中の関空行きの飛行機に搭載して 本日中に成田に飛ばして 明日配達の予定だったはずが

関西行きの飛行機の機材トラブルによる遅延で 16時に 関空着になってしまったらしいです。

成田には 本日中に 移動できるそうですが 通関が明日とのこと。

最終的には FEDEXサイドでチャーター便を手配してくれて 明日 配達手配をしていただけることになりました。

 

忙しい中 なんとかして 日本に移動してくれようとしてくれた 努力と

機材トラブルにもかかわらず チャーター便を手配して 予定日に納品を試みてくれようとしているFEDEXさま。

本当に感謝です。

 

ありがとうございます。

 

その企業努力 勉強させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機遅延 その2

5時間30分遅れでプーケットを出発しました。

ある意味  定刻通りです。

 

しかーし もともと 上海での乗り継ぎ時間が 3時間30分しかなかったのに

どう考えても 乗れるわけない。

2時間時間短縮で飛んでくれるのか?!?!?

 

なーんて

 

ありえませんでした。

 

多少スピードアップはしたものの

到着時間は すでに 離陸時間。

 

到着して ドアがあくまでの間 CAさんにも聞きましたよ。

乗り継ぎ大丈夫なんでしょうか?

 

大丈夫です。

 

えー そんな断言されると すごく期待しちゃうじゃないのぉ。

 

とにかく 超ダッシュで乗り継ぎカウンター行きましたよ。

 

乗り継ぎ用の受付で

あっちに行ってー。

 

 

あっちって イミグレじゃん。

 

やばい 絶対にやばい。

 

ミグレカウンターで 普通に言われましたよ。

飛行機もうすでに離陸したから

チケットカウンターに行って!!

 

 

恐るべし中国。

 

あなたの都合で遅れても 全部こちらで手続きなんですね。

 

はいはい。

 

まあ ある程度予想してましたけどね。

せめて案内とか 誘導とか すみません とか

ないんですか。

 

一緒に旅行した お友達は

えー 今日中にかえりたいー と喚くし。

 

安いチケットだからね つきものなのよ。

 

まあ 上海で1泊するかなあ

 

何て思ってたら

 

夕方の上海名古屋のチケットがゲットできましたよ。

 

そのフライトは 遅れることなく

定刻通りに セントレアにつきました。

 

次の日 休みをもらってて良かったです。

そのスケジュールがすでに 遅延想定内 だったんですかねえ。

 

にしても 素敵なカオラックでした。

 

また行きますよ。

TGで。

 

 

 

 

飛行機遅延

お疲れ様です。

台風の影響で 社員 小笠原君が 17日の朝 香港に向けて出発できるんでしょうか?

今は 17日の17時頃ですが

鹿児島空港の情報は 欠航が出てきました。

本日の夜に CX532便が 名古屋に到着するかどうかも問題です。

天候の欠航は チケットの払い戻ししてもらえるけど

仕事での渡航だから 予定変わると困っちゃうよね〜

仮に月曜日のフライトに変えたとしても 帰りの便1日遅らせないとね〜

あーあ やきもきします。

 

私は

現実に 先月 ダメージを受けたばかりでございました。

今回のカオラックは お盆真っ最中にも関わらず

なんと43,000円という超激安プライス。

それも中国東方航空だからですねえ。

 

出発の前日 5時間遅れで出発してましたから そりゃあ 心配しましたよ。

ですが なんと

名古屋上海 上海プーケットも 微塵の遅れもございませんでした。

いやあ 感激でしたね。

当然のことを感激できるって すごいわ。

 

しかし帰りですよ。

私たちは 夜中の0時にチェックアウトしました。

その時は 遅延のお知らせもなかったから。

次の日のお昼まで 過ごせるはずの素敵なリゾートホテルを

後ろ髪引かれる思いで チェックアウト。

エクスペディアサイトでも 定刻通りの案内。

しかし 私が迂闊でしたね。

世界のフライト情報を検索するべきでした。

私たちが乗るはずのフライト情報を。。。

 

空港に着いたのが真夜中1:30

予定出発は 3:30でしたから ちょうどいいわ〜

と思ったのもつかの間

フライトインフォメーションで6時間の遅延 。

どういうこと!!

 

しかも係りの誘導もなし。

とりあえず カウンターに並ぶしかないから 並びましたよ。

ほぼ中国人の列の中 たまに 外人らしき人を発見しては

『すみません、遅延知ってますか〜?』と聞きまくり

『OH~ TOO BAD. NO CONNECTING TIME 』

などと 心配する仲間を増やしておりましたよ。

 

いざ カウンターでチェックインの際に

最後通告

遅延です。

 

ハイハイ わかりました。

じゃあ 乗り継ぎは どうなるんですか?

代わりの便 用意してくれるんだよね

 

大丈夫 問題ない。上海空港で係りの人に言えば大丈夫。

 

問題だらけだろうが〜!!

 

 

続きは また

 

 

 

電子納税

こんにちわ

 

元請け工事の労働保険料を それぞれの自治体ごとに 事前に申請 支払をしなくては いけないお話を

以前にしましたが。

そうなると 自治体ごとに 用紙を取り寄せ 記入して送り 返事と振込先を聞いて

振込み

工事期間の変更があれば また書類を取り寄せ〜

 

とかなんとか すごくめんどくさい訳ですよ。

 

ということで 以前から 気になっていた

e-gov http://www.e-gov.go.jp/

を申請したかった訳です。

e-gov 電子ガバメント ネット政府みたいな意味合いでしょうねえ。

 

こちら様々な手続きが ネットで申請 支払もできる すごく便利なシステムです。

もちろん労働保険の手続きはもちろん

税金の支払

謄本や 印鑑証明の入手も 電子証明書を発行してもらったことにより ネットでリクエスト。

そして手数料もお値打ちになるようです。

 

とりあえず 本日は 法務局に行って 電子証明書を取得してきましたので

これから 活用していきたいと思います。

 

どんなことがネット申請できるのかも サイト内で検索できるので

これから いろんな提出書類が送られてきたら

まず 検索して

いろんな手続きが捗るようにしていきたいです。

 

 

 

 

鳥羽へのクルージングの合間に

やっと船の許可がおりましたね。購入の話をしてから

スペインで船をコンテナに乗せ

日本にやっと届いたと思ったら

そこから船検証を取得するまでが長かったですねえ。

今回は 前回までのサイズより大型なこともあり

必要な書類がわんさか。

それを全てスペイン語に翻訳して 提出しなくてはなりません。

テキストになっている書類であったら コピペして翻訳アプリでもなんとかなったんでしょうが、

書類のスペイン語を💻入力することもできません。

ネットで 個人で翻訳している方を探し、

その方に全てお任せしました。

突然にも関わらず

公正証書関係の船の書類をほぼ3日間で全て訳していただきました。

本当に感謝しております。

 

そして 書類提出から約1ヶ月

ようやく 名古屋に向けてくることができました。

 

そして今日から 恒例となってます鳥羽へのクルージング旅行です。

社員全員参加です。

クルージングの様子はまた 他のスタッフから上がってくると思います。

 

なにやら他のスタッフは 金丸さんの就任祝いと誕生日祝いを企てているようでした。

私はなにも聞かされておりませんでしたので

せっかくだから私も何か記念と思いこちらを選んでみました。

あまり 人にプレゼントすることはないのですが

社長就任という機会はそうそうないでしょうから

いい思い出になるといいなあ。と

土屋鞄のコードバンの名刺入れです。

以前お財布ほしいなあっていうのは聞いておりましたが

お財布はお金持ちの人からもらうのがいいそうです。

高須監査役お願いします。

慌てて 在庫確認して最後の1つを確保してきましたが とっても素敵な風合いです。

コードバンなので手入れしていただければツヤも増して

長く長く使えると思います。

明治時計の頃からイルミネーションを扱うようになり

あっという間に電球がLEDへと変わり

今ではシステムだけでなく音や映像も私たちで作り上げていくエフェクトメイジを

初めの一歩から歩んできましたね。

金丸さんの努力に 本当に感謝しています。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

今年2度目 カオラック 2

皆様に カオラックの紹介をいたします。

カオラックはどの辺りかというと。

タイの南の方に プーケット島がございます。

その最北端が 陸に橋で繋がっているのですが

その最北端が繋がっているパンガー県にあります。

プーケット空港からだと空いていれば タクシーで1時間ほどです。

カオラックは 全長25KMほどのエリアで アンダマン海に面した7つのビーチがあります。

そして ダイビングやシュノーケリングで有名な シミラン諸島への入り口でもあります。

シミラン諸島は 世界中 特に ヨーロッパの方々に人気で たくさんの観光客で賑わいます。

というのも 島に入れる時期が限られているからです。

5月から 11月上旬しか シミラン諸島に行くことができません。

島には  スピードボートで 約1時間かかります。

そこには 守られ続けた自然の海の色が一面に広がります。

今年の1月も行きましたが 中国 韓国の観光客が非常に増えており、ちょっと興ざめしてしまいました。

私が行った後からは 入場制限がされるようになったらしいですが 。。。

いつまでも この海が守られて欲しいです。

 

また 海だけでなく カオラックに点在する国立公園には トレッキングやカヌーの楽しみも味わえる大自然がそのまま残っています。

私はまだ行ったことがございませんが。。。

 

 

カオラックのビーチで

私が一番オススメのビーチは ホワイトサンドビーチです。

ここは メインからは 少し離れていますが これぞリゾートを体験できます。

高級リゾートホテルがたくさんあります。

去年の1月には こちら近くの

JWマリオットに泊まりました。

真っ白な長いビーチと Hotelを巡る全長 3.2KMのプールは 全部歩き回れません。

贅沢気分を満喫できます。

しかーし 一番有名なHotelは 年齢制限10歳以上という サロジン です。

ここの全室スイート 広さほぼ100平米以上。

朝食システムは モーニングシャンペン付の豊富なメニューから、朝から夕方まで好きな時間に好きなだけ飲めて食べれる。

1度でいいから泊まってみたいです。

 

サロジンは 世界でも有名なリゾートホテルとなりましたが その成り立ちに素晴らしく感動しました。

「サロジン」の成り立ちを語る上で、決して避けては
通れないのが、2004年の12月にタイを襲った悲劇、
インド洋沖津波です。

世界各国を旅して回られたイギリス人のケイトさんと
アンドリューさんご夫妻は、お二人がこよなく愛するタイで、
“理想のリゾートを作りたい” という夢を膨らま、そんな
夢の実現に向け、リゾートにふさわしい場所探しをスタート。
タイ国内、数カ所目に訪れたのが、ここカオラックでした。

20120310-sarojin-1.jpg

ご夫妻の目にとまったのは、アンダマン海に面した広大な
土地、その中央で枝葉を広げる樹齢150年もの樹木、
学名を「Ficus」という、ガジュユマルの古木でした。
この古木を観た瞬間、お二人の中には思い描いていた
リゾートのイメージが、次々と広がっていきます。

ホテル経営とは全く無縁だったご夫妻、理想の地を見つけ、
紆余曲折を経て、遂に念願のリゾート「サロジン」が完成。

しかし・・・無情にもオープンを1週間後に控えた
2004年12月26日、スマトラ島沖で発生した地震による津波は、
カオラック到達時に最大でおよそ30メートルにも達し、一瞬に
して4000人もの尊い命と、オープン間近だった「サロジン」
をも、飲み込んでしまいました。

震災後、多くのホテルリゾートが再興を諦め、カオラックを
去って行く中、ケンプ夫妻は自らも被災者という立場に
ありながら、津波後も「サロジン」に留まったスタッフと共に、
被災者への救援活動を続け、「サロジン」の再興に立ち上がります。

「この先何年経っても、もう二度とここカオラックに旅行者は
帰って来ない・・・」
再興に向け奔走するご夫妻とスタッフは、
時に心ない人々からの、そんな言葉を浴びながらも、逆にその
言葉を原動力に、津波から1年を経ずして、「サロジン」の
復興を成し遂げます。

 

“サロジン” というリゾート名にもちょっとした
エピソードが。これはタイの古い物語から命名された
そうで、ある貴族の娘さんレディ・サロジンが、
母亡き後、父親の来客を心からもてなし、いつしか
レディ・サロジンのもてなしは評判となり、
その家には来客が絶えなかったという事から、
“レディ・サロジン” のホスピタリティーをという
コンセプトのもと、『サロジン』となったそう。

各客室には、部屋に命名されたスタッフの写真と共に、
その“レディ・サロジン” のイメージ写真とストーリーも
掲げられてあります。

20120310-lady sarojin.jpg

津波から9ヶ月後の2005年10月1日、「サロジン」は
見事再興を果たします。オープンからわずか2ヶ月後には
満室に・・・さらに半年後には、アメリカの権威ある
旅行誌「コンデナスト・トラベラー」において、
リゾートホテル部門、スパ部門の2部門で、注目の
リゾートとして「ホットリスト」に選出。

翌2006年には、旅行業界のアカデミー賞とも称されている、
全世界の旅行業者16万人の投票によって選出される、
「ワールド・トラベル・アワード」、これはいわば、
旅行業のプロが、同じくプロを評価するという賞ですが、
このワールド・トラベルアワードの「アジア・リーディング
・ブティック・リゾート部門」を受賞するに至ります。

以後サロジンは3年連続で、この「ワールド・トラベル・
アワード」を、受賞する事に。

 

上記はhttp://825.fm/blog/thailand.php?itemid=30846

こちらから引用しました。

 

この気持ちどうりのHotelだと思います。

このサロジンがあるカオラックが 私は 本当に大好きです。

 

いつかサロジンに泊まりたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年2度目 カオラック

お正月にも行きましたが その素朴さと ビーチの静かさ 砂浜の白さで

今 タイで一番好きな場所になっている カオラック!!

冬は シミラン諸島のダイビングで有名です。

 

また 行っちゃいました。

 

 

カオラックは 毎年夏にサーフィンに行っていたカタビーチと

プーケット空港を挟んでちょうど反対側あたりになります。

空港から タクシーで 1時間ちょっとです。

 

サーフィンをやる場所としては まだまだ知られていませんが

もうすでに 3度も行っているので レンタルショップがあることは 調査済みです。

冬でも なんとか サーフィンできたので 波のシーズンである夏は 絶対できる

初めての 夏のカオラックです。

 

今回 8月10日から 14日 という

お盆真っ只中の期間にいきましたが

なんと チケット代 42,000円ほどの激安。

 

中国東方航空ですからね。

リスクはわかっておりましたが TGだと すでに9万越えでしたので 取るしかないと。

 

まあ あとから これがいろいろあったわけですけど。

 

 

まあ 前日 の9日から そわそわしながら 東方航空のフライト情報を 見ておりましたら、

 

なんと 前日9日の 同じフライトは 5時間遅れ。

 

やばい。 東方航空らしさ全開。

乗り継ぎは 3時間だから 10日に これだったら どうしよ〜。

もう 焦りまくりです。

旅行不慣れな お友達も一緒だったので 心配度急上昇です。

 

まあ なるようにしかならない

あとは 祈るのみ。

 

 

で 当日。

お友達の実家に 愛犬 あくび を預けて

空港に到着。

フライトスケジュールチェック。

 

定刻通り。

 

あの時の安心感といったら

 

いい旅のスタートでした。

 

乗るまでは 心配がつきまといましたけどね。

 

 

 

機内食は 掲載しないことから ご想像ください。

 

そして 上海で乗り換え。

 

こちらも 定刻通り。

上海 プーケットは 5時間。

睡眠導入剤飲んで 起きたら ついてました。

真夜中 1時。

空港からは いつも使っている 送迎タクシーを手配していたので

タクシーに乗り込んで 1時間。

AM3:00に 予定通り ホテルに到着しました。

 

今回のホテルは APSARA BEACH HOTEL& RESORTS

 

ビーチ目の前です。

この写真の左の方で サーフィンします。

まあ ついた時は もう 眠たいだけ。

散らかる前に お部屋の写真を撮って。

おやすみなさい。

 

続く

 

 

四国でサーフィン

お疲れ様です。

昨日まで 2泊3日で 毎年恒例の四国サーフィンに 行ってきました。

台風も発生していたので ビッグウェーブになったらどうしようと心配しておりました。

有名ポイントは おおきめですが 思ったほどではありません。

 

私には 絶対無理です。

私でもできるポイントに移動してくれました〜。

小波ポイントありました。

まあ 端っこ以外は 結構でかいので 私はこのエリアから 動きません。

一生懸命 パドリング。

私 座って漕ぎ漕ぎします。

綺麗に乗ってる写真は ありません。

2時間ほど 乗って この後は 轟の滝。

 

海から上がって20分ほど山に進むと この奥に。

滝です。

こんなことをして楽しんでいたら 友達が 滝に落ちて携帯流されてしまいました。

奉納したと思ってね〜 ルーちゃん。

ホテルに帰って 着替えてから お食事。

グリルJOIN。

ここの彼女が大好きです。

今年も いました。

チラッとね。

そしてここでいつも食べる

カツオのたたき。

もう やばすぎ。

肉です。

カツオの臭みは 全くありません。

頭の奥で 思いっきり想像しても 現れません。

そして 醤油と柑橘の酸味が 絶妙です。

薬味もフレッシュ。

今年も これがたべれてよかった〜。

 

もちろん 名物のとんかつも言うまでもありません。

 

スパークリングにはじまって 日本酒 土佐鶴

地の料理には 地の酒です。

 

 

そしてこの後 花火大会へと 続きます。

 

 

 

名古屋港花火大会

今年も 御誘い頂きまして名古屋港の花火大会を観ることができました。

株式会社岡崎の 岡崎社長 ありがとうございました。

お一人の写真撮ったんですが ブレブレで 掲載できません。

 

18;30頃 HWHを出航して 打ち上げの19;30まで 船の上で待ちます。

夕日も綺麗でした。

 

いよいよ花火が始まります。

綺麗と思って シャッターを押しても その時には もう 過ぎているんですよね。

はかないなあ。

動画で取りながら

じっくりと 眼と心で観ていました。

 

iPhoneの動画 後から観ても綺麗ですね。

動画は重くて上げれないので 何枚かのショットをどうぞ。

フィナーレの連発は いつも感動です。

  

この後 ハーバーへ戻って。

室内の照明を消してきてしまいましたが とっても綺麗。

vintageつけておけばよかったなあ。

 

からの 魚忠。

6人テーブルで。

食べ過ぎですよねえ。

 

岡崎社長 ありがとうございました。

 

 

 

名古屋能楽堂7月定例公演

7月2日 日曜日 名古屋能楽堂で 能と狂言 見てきました。

歌舞伎は 最近 流行りのようで 観覧される方もたくさんいるようですが

お能や狂言は まだまだ 知るチャンスがあまりありませんね。

 

名古屋にも名古屋城のすぐ前にとても立派な能楽堂がございます。

こちらの能楽堂 世界最大のサイズです。

まあ 日本一のサイズでしたら 世界一ですね。

今回初めて知りました。

 

こちらの写真お借りしてます。

建物にはいるだけで 凛とした気分になれます。

名古屋名物櫃まぶしも中で食べることができますので 県外の方や外国の方には人気のようです。

今回のお題は

あらすじ
源平の戦が、源氏方の勝利で終わった後のことです。平家方の武将で、勇名を馳せた悪七兵衛景清(あくしちびょうえかげきよ)は、盲目となり、日向国へ流されていました。景清はかつて、尾張国熱田の遊女との間に一人娘、人丸をもうけました。彼女は鎌倉に住んでいたのですが、風の便りに景清が存命していることを知り、お供と共に日向国宮崎へ景清を訪ねます。

ちょうど景清が、落魄した身の上を嘆いているところに、人丸たちがやってきます。従者は「景清を知りませんか」と声をかけますが、景清は悟られまいと、盲目でそんな人は見たこともありませんと他人のふりを押し通します。

人丸はその後、里人に事情を聞き、彼の仲介でようやく対面することができました。そして景清は、人丸の求めに応じ、八島の合戦の様子を聞かせました。源氏方の三保谷四郎(みおのやのしろう)と錏(しころ)を引っぱって応戦した名勝負の場面です。語り終えた景清は、もう長くは生きられないだろうからと、人丸に帰って自分の跡を弔うように頼み、親子は別れていきました。

錏(しころ):兜に密着して垂らされた首を保護するもの

みどころ
悪七兵衛景清の「悪」とは、悪いという意味ではなく、強いという意味を表しています。平家一門の中でもひときわ勇猛な武将として知られていました。そんな名将が敗者となって落ちぶれてしまう人生の悲哀、そして離れ離れだった景清の子が、親に会いたい一心で遠路かまわず駆けつける人間の情愛の深さなどを、静かに描く名作です。高いレベルの表現力を要求される、非常に難しい大曲の一つでもあります。

シテが、藁屋のなかで「松門独(しょうもんひとり)閉ぢて…」と謡い出すところは、「松門の謡」と呼ばれる特別な節のある大変難しいところで、観客が味わい深く聴ける「聴きどころ」です。

景清の人物描写や曲の趣は流儀によって解釈がさまざまです。過去を捨てて、すっかり落ちぶれてしまった人物として描く流儀もあれば、どこかまだ侍らしい気概のあることを醸し出すようにする流儀もあります。「景清」では専用面の「景清」が使われますが、流儀によってこれも違ってきます。

人生の深みを重厚に描き出す名曲を、じっくり味わってほしいと思います。

あらすじ
源平の戦が、源氏方の勝利で終わった後のことです。平家方の武将で、勇名を馳せた悪七兵衛景清(あくしちびょうえかげきよ)は、盲目となり、日向国へ流されていました。景清はかつて、尾張国熱田の遊女との間に一人娘、人丸をもうけました。彼女は鎌倉に住んでいたのですが、風の便りに景清が存命していることを知り、お供と共に日向国宮崎へ景清を訪ねます。

ちょうど景清が、落魄した身の上を嘆いているところに、人丸たちがやってきます。従者は「景清を知りませんか」と声をかけますが、景清は悟られまいと、盲目でそんな人は見たこともありませんと他人のふりを押し通します。

人丸はその後、里人に事情を聞き、彼の仲介でようやく対面することができました。そして景清は、人丸の求めに応じ、八島の合戦の様子を聞かせました。源氏方の三保谷四郎(みおのやのしろう)と錏(しころ)を引っぱって応戦した名勝負の場面です。語り終えた景清は、もう長くは生きられないだろうからと、人丸に帰って自分の跡を弔うように頼み、親子は別れていきました。

錏(しころ):兜に密着して垂らされた首を保護するもの

みどころ
悪七兵衛景清の「悪」とは、悪いという意味ではなく、強いという意味を表しています。平家一門の中でもひときわ勇猛な武将として知られていました。そんな名将が敗者となって落ちぶれてしまう人生の悲哀、そして離れ離れだった景清の子が、親に会いたい一心で遠路かまわず駆けつける人間の情愛の深さなどを、静かに描く名作です。高いレベルの表現力を要求される、非常に難しい大曲の一つでもあります。

シテが、藁屋のなかで「松門独(しょうもんひとり)閉ぢて…」と謡い出すところは、「松門の謡」と呼ばれる特別な節のある大変難しいところで、観客が味わい深く聴ける「聴きどころ」です。

景清の人物描写や曲の趣は流儀によって解釈がさまざまです。過去を捨てて、すっかり落ちぶれてしまった人物として描く流儀もあれば、どこかまだ侍らしい気概のあることを醸し出すようにする流儀もあります。「景清」では専用面の「景清」が使われますが、流儀によってこれも違ってきます。

人生の深みを重厚に描き出す名曲を、じっくり味わってほしいと思います。

ということですが これも流派や 演技する人によってかなり違いがあるようです。

は完全な分業からなりたつ演劇です。 謡と演技を担当する立方はシテ方・ワキ方・狂言方の3つの役から成り、伴奏担当の囃子方は笛方・小鼓方・大鼓方・太鼓方の4つの役から構成されます。 そして、さらに各役がいくつかの流儀にわかれているのです。

開園してから約30分間 シテ方の長田様が 自ら解説くださいました。

お能は 高砂ぐらいしか 見聞きしたことがない私でしたが  足運び 姿勢 そのほか とても凛とした空気感は とても素晴らしい経験でした。

子供連れできている外国の方もいらっしゃいました。

日本の文化を味わってくれてるんですね。

今まで こんなに近くにいるのに とても恥ずかしく思いました。

これからも 時間があれば ぜひ また見に行きたいと思いました。