-アナログとデジタル-

こんばんは 吉村です。

最近では紙媒体のダイレクトメールが再注目されていると
販促EXPOのご案内メールから知りました。

なぜ再注目されているのか?

調べてみました。



実験の内容はシンプルで、これまでにメールだけでは商談に至らなかったが過去に名刺交換をした層に対し、「メールのみ」「DMのみ」「DM+メール」の3パターンでアプローチ。DMはシンプルなものにし、DM送付者に送るメールは、「お手紙をご覧いただけましたでしょうか」といった形にすることで、組み合わせの効果が感じられるように作成した。


この結果について石野氏は「以前、ターゲットを絞らずにDMを送付したことで失敗していたこともあり、プロジェクト当初は不安も多かった。蓋を開けてみると結果は圧倒的でDMとメールを組み合わせるとクリック率がメールのみの場合の1.8倍にもなり、受注貢献も想定の10倍以上であった」と語り、いかに今回の実験結果が予想以上に良いものだったのかをアピールした。
同氏は、その他にも今回の実証実験を通じ、受注への貢献効果をもたらす要因として、三つの気づきがあったという。一つめは、メールでは届かない層にきちんとリーチできたこと。二つめは反応期間の長さ。DM発送後、数ヶ月が経過しても商談に繋がるようなアクション喚起効果が続いているという。三つめはシャワー効果。上司から部下への紹介等、送付先のみではなく、物が届くことで部門内に拡散できるシャワー効果があった。これはオフラインのDMならではだという。


引用先 : MarkeZine(マーケジン) http://markezine.jp/article/detail/25979



デジタルはコスト面や拡散力、たくさんの資料(動画、写真)などを一緒にご案内ができる。
しかし情報量が多い現在では埋もれてしまうことも多くありえると思います。


アナログなDMでは、手元に物が残る(印象を与えれる。)またデジタルでは届かない客層もあります。


もちろんこの方法以外にも実際にお客様へのところへ足を運ぶこと

電話をしたりと…

様々なアプローチ方法 ありますよね。
お客様によって最適なアプローチ方法が違うと思いますが、様々な方法で

アプローチすることは1つの方法よりも効果的なことだと感じます。

製品そのもの質は大切だと思いますが、それだけでは人に良さが伝わりません。

どのように伝えていくか。

重要なポイントですね。

私自身も生活する上で製品の勧誘を受けることがあります。
身近なことに様々なヒントがあることを意識して、良いと思うことは吸収して
仕事に生かしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

アプローチといえば…

 

 

 

 

 

明日から大阪内覧会ですね。皆様へご案内は届いてますか?

6/6(水) 〜 6/8(金)の3日間です。

今回の展示が実際に見れるのは大阪が最終です。

是非、お越しください。

内覧会ご案内ページ

 

時間の使い方

毎日があっという間で時間が欲しい。と
心から思います。

「時間はつくるもの」って言いますが

なかなかつくれません(泣)

どうしたらいいですか?誰か教えてください。

頭の中でやりたいこと(やらなきゃか ・・・)
でごちゃごちゃしております。

個人的には部屋が汚れていると、余計やる気が出なかったりして
つくづく整理整頓って大切だな ~と

決まったものが固定の位置にあると
効率があがりませんか?

仕事も同じ。

「急いでるから」を理由にしてデータ整理をしないまま
作業をしてしまうと、後からの整理しようと思って
し忘れて 再度使うときに

はっ!!

となることもしばしば。

今回のカタログデータ整理しながらできなかったので
来年の為にも、せっせと整理中 ~

頑張れ私。

作業と同時進行で整理の習慣つけることをお勧めいたします(笑)

時間つながりで節約も兼ねて日持ちするお料理を作り置きするのも
ありですよね〜

仕事でも、プライベートでも上手な時間の使い方をしたい
吉村でした。

揃いました

カタログ!!

ジャンルで分別された4つのカタログが揃いました。

今までは総合カタログとイルミネーションカタログと2部構成でしたが
・GL(一般照明、間接照明)
・EF(効果照明、サイン、ファイバー)
・ILL(イルミネーション)
・AV(映像音響、ドローン、プロジェクションマッピング)
とジャンル別のカタログ構成です。
http://x-eco.jp/catalog/

分別されることによりジャンル別の商品を探しく、また必要なジャンルのカタログのみ
お渡しすることが可能です。

製作をしてみて、個人的に来年はこんな風に変えたいなどできてみて思うことがあります。

営業の皆様、お客様の反応をみて来年のカタログ製作に向けてご意見を吉村まで
フィードバックしてくださいね。

ただいまです。

お久しぶりの登場です。

吉村です。

長かったようで短かった産休、育休です。
第2子はまた第1子の経験値もあり、心の余裕が違って
泣き叫んでいても可愛いと思えてしまう親バカです。

お休みを頂きありがとうございました。

こそっと戻ってきまして、復帰してからは

カタログ製作の日々で、気づいたら5月中旬。
時間って過ぎるのが本当に早い….

22歳で入社した私も今年で29歳。

20歳の頃に想像していた30歳とは全く違います(笑)

今回カタログ製作でiPad Pro 大活躍!!

やっぱり便利ですね。これからもどんどん使って仕事の効率アップを
図りたいと思います。

ようやくカタログ製作が落ち着いて配信用に準備にとりかかります。

もう少しで皆様のお手元にお届けできます。

GL(一般照明・間接照明)  AV(映像音響・ドローン・プロジェクションマッピング)
カタログ発刊済み。

東京内覧会開催日 初日の5/21 〜
EF(効果照明・サイン・ファイバー) ILL(イルミネーション)が発刊されます。

東京内覧会にお越し頂ける方は是非、新カタログをお受け取りください。

私ごとではありますが

こんばんは吉村です。

最近は引き継ぎの内容をマニュアル化したりと、改めて

「人に伝える」ということを意識しました。

教える側
「教えた = 相手が理解した」

教わる側
「教わった = 理解した」

上記のような = にならないことも。

これは社内のやりとりに限らず、お客様との電話のやりとりでも
そんな場面ありますよね?

自分の持っている当たり前が相手には当たり前ではなかったり
相手によって伝え方を考えなければいけないことだと思います。

「伝える」とうことは簡単でないと実感しています。
今回は引き継ぐスタッフには正直そこまでの説明は必要ないのかもしれません。

ですが、誰が見てもわかるようなマニュアル作りを意識して作成しています。
そうすれば今後の資料として役に立つ日が来るのではないかと…

 

 

と引き継ぎのお話をしてますが、私は退社する訳ではありません!!

 

人生の中で大きなイベントが…

 

 

 

個人的なことですが、新しい命を授かり
出産に向けて来週から産休を取らさせて頂きます。

 

小さい子供を持つスタッフを雇うことは
会社側にもいつ休まれるかわからない不安要素もあると思いますが
エフェクトメイジのスタッフは第一子の誕生から
あたたかく支えて頂いています。

様々な行事に今までも子供を参加させて頂いたり、
嫌な顔せず子供と接して頂いたり

病気になって急に休むことになっても臨機応変に対応して頂いています。

(↑写真2015年沖縄研修旅行  – 第一子はおかげさまで笑いの絶えない娘に育っています。)

 

会社内では辛口なイメージ?を持たれている私ですが、心の中では
皆様に感謝しきれない気持ちでいっぱいです。

忙しい時期に営業スタッフをサポートできないのは
心苦しい気持ちもありますが、出産に専念しよりパワーアップした吉村で帰ってきます(笑)

なので忘れないで待っていて欲しいです。
お願いします!!

初心忘るべからず

おはようございます。

吉村です。
つい先日、8月30日〜9月2日にかけて東京支店の岩上さんが研修に来て頂きました。

何の研修かと言いますと、承認図や取扱説明書の作成方法についてです。
研修を通して実際に新商品になるモックアップの
E26連結用防水ペンダントソケットコードを実例に取り組んで頂きました。




ペンダントタイプではないE26連結防水ソケットコードとは異なる点としては
コネクタータイプになり連結が簡易になっています。
E26連結防水ソケットコード も今後仕様変更される予定です。

きっと初めて使うであろうノギス

図面作成が慣れていないこともあり、時間はかかりましたが
形として仕上げることができました。
作成の流れはこれで体感していただけたと思います。

承認図、取扱説明書を作成できるスタッフが増えたので
より会社製品の承認図、取扱説明書の充実化が実現できます。

岩上さんの研修を通して、教えながら私も良い刺激をもらっています。
私も教えながら、自分自身にも言い聞かせながらと
お互いに良い影響を与える関係です。

「初心忘るべからず」!!

弊社の承認図、取扱説明書はこちらからダウンロードできます。
http://x-eco.jp/download/
※岩上さんが作成して頂いたE26連結用防水ペンダントソケットコードは
モックアップ品の為、掲載はまだされていません。
※申し訳ありません。一部商品が掲載されていませんが、随時更新させて頂きます。

 

グッズ化 〜愛されキャラ MASAO KUN〜

こんばんは吉村です。

今年も船で名古屋から鳥羽の美浦荘(http://www.isesima.jp/miuraso/) にお邪魔しました。


今回は金丸代表がお誕生日(8/29)が間近ということで…

就任式で作成されたMASAO KUN  Tシャツに引き続き
チロルチョコマグカップをグッズ化してお祝いのプレゼントと寄せ書きタンブラーを
プレゼントしてスタッフ全員でお祝いさせて頂きました。



MASAO KUNは見ての通り
弊社代表の 金丸 将男( MASAO KANEMARU) をイメージ しております。

ララクレール 芦木さんがデザインを手がけてくれました。
思わずグッズにしたくなるキャラクターですよね。

弊社ホームページのスタッフ紹介では強面な写真が使用されてますが
実際なスイーツが大好きな明るい代表で MASAO KUN同様にみんなに愛されています。

改めて、お誕生日おめでとうございます。
代表としての新たなスタートと共に新しい歳がスタートですね。
より良い歳になることを祈っています。そして私自身もエフェクトメイジの盛り上げる為に
代表についてきます。

これからも宜しくお願い致します。

新設社長ブログのご紹介

こんばんは吉村です。

8月19日付で金丸専務が新社長に就任し、前社長の高須さんが監査役として就任しました。

それに伴い金丸新社長のブログが新設されました。
高須さんも監査役としてブログが継続中です。

 

スタッフブログとはデザインが異なってかっこいいですね。
新しい発信が楽しみです。

スタッフブログ 同様引き続き宜しくお願い致します。

こんなもの作ってみました。

こんばんは 吉村です。


こちらは弊社商品のLED VINTAGE。
LED VINTAGE シリーズは店舗からイルミネーション施設 あらゆる箇所で使用されています。
今は住宅のリノベーションでカフェ風のキッチンにしたりする方もいますし
AC100V仕様であることもあり、一般ユーザーの方も受け入れやすく
わかり易い商品だと私は思っています。

 

システムが絡むようなことはビジュアルでお伝えしにくですが、LEDヴィンテージは
写真で伝わり易い商品だからこそフライヤーを作成させて頂きました。

こちらは印刷をするか未定ではありますが、カタログ製作等に関わる人間として
よりお客様に伝えられるデザインが作成できるように慣れたらなといつも思っています。

ネット広告、雑誌、チラシ等 日常生活にヒントは転がっていると思うので
アンテナを広げて良いものは吸収できるよう心がけていきます。

ここから約6年間

私(吉村)が今ここにいるきっかけとなった場所。(店舗は変わっています。)

以前の職場で副業を探していて、ふらりと見つけたバーでした。
見学をしにお店に行った日がたまたま予約がたくさんで、そのまま働く流れに…

そのバイト先で出会ったのが、高須代表でした。

それが約6年前ですね…

照明のことに興味があったことが、エフェクトメイジに入るきっかけのでもありますが
それ以外にお客様として高須代表を見ていた頃から、喋っている言葉に力があり
一緒に働きたいという気持ちにさせてくれました。

一言で言うと「カッコいい」ですね。

雇って頂いたマスター
高須代表を連れてきてくれた岡嵜さん
人と人との繋がりがあり、高須代表に出会うことができ
エフェクトメイジの一員となることがありました。

高須さんに出会えたこと、心から感謝しています。
そして私も、吉村だから〇〇を頼みたい
一緒に仕事をしたい

そういう存在になれるよう努力していきます。

22年間エフェクトメイジの代表としてお疲れ様でした。

8月19日からは監査役として、宜しくお願い致します。

P.S
以前のバーは千ろ屋という鉄板焼き屋さんになってました。
機会があったら高須さん一緒にご飯行きましょう。