行ってきました「Borderless」

皆さんこんばんわ

 

金曜日の夜の新宿に初めて行って、人の多さにビビりまくった

お上りさんの村上です。

東京はこえ〜!笑

 

さて今週は東京支店のみんなと勉強の意味でこれの視察に

行ってきました。

「EPSON teamLab_Borderless」

470台のプロジェクターを駆使した、映像アトラクションの

イベントエリアです。

様々なテーマの部屋があるのですが、それをつなぐ通路部分にも映像が投影され、

壁に鏡も多用して映像や空間に広がりを持たせています。

*適当に歩いていると鏡にぶつかるので注意!!

 

これがこのイベントのホームページのトップ画像になっている滝のマッピング!!

たくさんの人達が丘に登って写真を撮っていました。

 

しばらく他のエリアを散策してから滝の部屋に戻ってきたら映像テーマが

変わっていました。

時間帯によって映像テーマが変わったり、他のエリアと同期したり

しているようです。

長時間いても飽きさせない工夫ですね。

 

こんな子供向けのアトラクションも

 

 

そんないろんなテーマの部屋の中でもイルミ屋の私として面白かった

のはこの部屋。

推定7〜8mくらいの高さからスダレ状の個別制御イルミネーションが

かなりの本数ぶら下がり、平面では無く立体的な映像を繰り出しています。

そしてそのスダレによって迷路状の通路が作ってあり、映像の中を

歩いていくというものでした。

やはり私が歩いていると雨の映像が流れてきました!笑

 

あとはこれ。

ムービングライト200台以上で壁と天井を埋め尽くした部屋!

我々も普段から接している製品ですが、これだけの数を一箇所に使用する事と

ビームの使い方に非常に迫力があり、予算とアイデアが凄いなぁと感心させられました。

 

入場チケットが大人3200円と割と高めですが、順路も無く何度でも同じエリアを

見に行けるし、時間によって同じ場所でも違う空間を体験できるので2時間くらいは

楽しめるのではないかと思います。

 

光と空間の使い方のアイデアが非常に面白いなぁと感じるアトラクションでした。

 

期間が決まっていない常設展示会場みたいなので興味のある方は一度どうですか?

1件のコメント

Leave a Comment.